オーラ・レボリューション

オーラ・レボリューション~神風幕府~-~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート③-

 ←オーラ・レボリューション~神風幕府~-~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート②- →オーラ・レボリューション~神風幕府~-~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート④-




                  第①中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ①- 」





<銀河人間国コスモミズガルズ・神風殿大天守閣御座之間上段>



初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!?・・「未知な邪気オーラ反応」が、「左斜め上の方向から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな我が軍の戦力」も、「前例までの経緯同様」に「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例の経緯同様」に「未知な門」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「初級ランクの一段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例の経緯同様」だが、「六代目神風外様戦国武将勢力専用銀河地車の出動」、且つ「近い距離感だった」ので、「別に創造した戦力」じゃなく、「直々の戦力」による任務執行だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「フィールドの情報」は、「<闘犬の六芒星登竜門結界領域>」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門」へ、ある程度近付くと、「前例の経緯同様」に「未知な門の六芒星魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍直々戦力の内六代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星登竜門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例の経緯同様」に「未知な門の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星登竜門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな我が軍の戦力」も、「前例までの経緯同様」に「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍直々戦力の内六代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星登竜門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「他の戦力」が、対処している隙に「進めそう」だが、「前例までの経緯同様」に「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星登竜門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」



                 第②中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ②- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例の経緯同様」に「未知な門から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな我が軍の戦力」も、「前例までの経緯同様」に「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍直々戦力の内六代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星登竜門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「他の戦力」が、対処している隙に「進めそう」だが、「前例までの経緯同様」に「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星登竜門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「敵の強さ情報」は、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」からして、「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前例の経緯同様」に「未知な門から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな我が軍の戦力」も、「前例までの経緯同様」に「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍直々戦力の内六代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星登竜門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「他の戦力」が、対処している隙に「進めそう」だが、「前例までの経緯同様」に「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星登竜門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」からして、「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                 第③中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ③- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例の経緯同様」に「未知な門から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな我が軍の戦力」も、「前例までの経緯同様」に「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍直々戦力の内六代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星登竜門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「他の戦力」が、対処している隙に「進めそう」だが、「前例までの経緯同様」に「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星登竜門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「敵の強さ情報」は、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」からして、「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例の経緯同様」に「未知な門から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな我が軍の戦力」も、「前例までの経緯同様」に「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「前例までの経緯同様」に「初任務における今後の見解」として、「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍直々戦力の内六代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星登竜門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬一星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「他の戦力」が、対処している隙に「進めそう」だが、「前例までの経緯同様」に「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星登竜門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」からして、「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第④中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ④- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門」が、「前例の経緯同様」に「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」、且つ「初任務形態の仕様」が、「遠征扱いに切り替わった」ので、「別に創造した戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門の名称」は、「闘犬の六芒星登竜門」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第②情報」は、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!?・・「我が軍の戦力事情」が、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例の経緯同様」に「未知な門第②」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「初級ランクの二段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例までの経緯同様」だが、「五代目神風外様戦国武将勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「五代目神風外様戦国武将勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「第②の未知な門」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星六角>氏の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第②難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例の経緯同様」に「未知な門第②から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、前例からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第②難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、此れまで同様に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                 第⑤中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑤- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例の経緯同様」に「未知な門第②から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第②難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前例の経緯同様」に「未知な門第②から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第②難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑥中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑥- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第②難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第②難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬二星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第②の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第②難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑦中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑦- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第②」が、「前例までの経緯同様」に「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第②の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第②難関門」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第③の情報」は、「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「前例までの経緯同様」に「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例の経緯同様」に「未知な門第③」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「初級ランクの三段階目レベル対処範囲だった」ので、「四代目神風外様戦国武将勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「四代目神風外様戦国武将勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第③」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第③難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第③難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                 第⑧中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑧- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第③難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第③難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑨中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑨- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前回までの経緯同様に「未知な門第③から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第③難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星一角>氏の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第③難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬三星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第③の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第③難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                 第⑩中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑩- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第③」が、「前例までの経緯同様」に「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第③の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第③難関門」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第④の情報」は、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例の経緯同様」に「未知な門第④」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「初級ランクの四段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例までの経緯同様」だが、「参代目神風外様戦国武将勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「参代目神風外様戦国武将勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第③」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「参代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内参代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第④難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「参代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内参代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第④難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                   第⑪中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑪- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「参代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内参代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第④難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前回までの経緯同様」に「未知な門第④から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「此れまでの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「参代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、此れまで同様に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内参代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第④難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                 第⑫中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑫- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「参代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内参代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第④難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「参代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内参代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第④難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬四星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第④の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第④難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                 第⑬中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑬- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第④」が、「前例までの経緯同様」で、「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第④の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第④難関門」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第⑤の情報」は、「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「前例までの経緯同様」に「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例の経緯同様」に「未知な門第⑤」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「初級ランクの五段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例までの経緯同様」だが、「弐代目神風外様戦国武将勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「弐代目神風外様戦国武将勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第⑤」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「弐代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内弐代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑤難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「弐代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内弐代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑤難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑭中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑭- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「弐代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内弐代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑤難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前回までの経緯同様」に「未知な門第⑤から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「此れまでの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「弐代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、此れまで同様に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内弐代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑤難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑮中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑮- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「弐代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内弐代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑤難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「弐代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内弐代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑤難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑤の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑤難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑯中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑯- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第⑤」が、「前例までの経緯同様」で、「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第⑤の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第⑤難関門」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第⑥の情報」は、「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「前例までの経緯同様」に「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例の経緯同様」に「未知な門第⑥」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「初級ランクの六段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例までの経緯同様」だが、「初代目神風外様戦国武将勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「初代目神風外様戦国武将勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第⑥」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「初代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内初代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑥難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「初代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内初代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑥難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑰中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑰- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「初代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内初代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑥難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「初代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内初代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑥難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑱中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑱- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「初代神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内初代神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑥難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥から」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「初代神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内初代神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑥難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬六星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑥の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑥難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                 第⑲中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑲- 」





初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第⑥」が、「前例までの経緯同様」に「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第⑥の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第⑥難関門」だった。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第⑦の情報」は、「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「前例までの経緯同様」に「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「②段階進級ランクの一段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例までの経緯同様」だが、「六代目神風外様戦国武将②進級勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「六代目神風外様戦国武将②進級勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第⑦」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国一天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内六代目神風外様戦国一天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑦難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国二天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内六代目神風外様戦国二天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑦難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第⑳中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノ⑳- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国三天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」にに「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内六代目神風外様戦国三天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑦難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、此れまで同様に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内六代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑦難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第A中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノA- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国副武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内六代目神風外様戦国副武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑦難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内六代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑦難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬七星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑦の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、前例からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑦難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                   第B中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノB- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第⑦」が、「前例までの経緯同様」で、「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第⑦の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第⑦難関門」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第⑧の情報」は、「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「前例までの経緯同様」に「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「②段階進級ランクの二段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例までの経緯同様」だが、「五代目神風外様戦国武将②進級勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「五代目神風外様戦国武将②進級勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第⑧」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国一天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国一天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑧難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国二天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国二天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「此れまでの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑧難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                  第C中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノC- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑧難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑧難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                   第D中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノD- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国副武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国副武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑧難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「五代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内五代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑧難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬八星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑧の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑧難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                   第E中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノE- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第⑧」が、「前例までの経緯同様」で、「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第⑧の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第⑧難関門」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第⑨の情報」は、「前例までの経緯同様」に「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「前例までの経緯同様」に「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例の経緯同様」に「未知な門第⑨」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「②段階進級ランクの三段階目レベル対処範囲だった」ので、「四代目神風外様戦国武将②進級勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「四代目神風外様戦国武将②進級勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第⑧」へ、ある程度近付くと、「前例までの仕様と同様魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国一天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星六角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「更新された訳」なので、「未だ」確定出来る段階じゃない事から、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国一天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星六角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星六角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑨難関門」と把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第二波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星五角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国二天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国二天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星五角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星五角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑨難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                   第F中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノF- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第三波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星四角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国三天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国三天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星四角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星四角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑨難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第四波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星三角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国四天王大名②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星三角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星三角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑨難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                   第G中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノG- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第五波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星二角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国副武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国副武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星二角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星二角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑨難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「第六波のオーラ反応」が、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨から」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「新たな我が軍の戦力」も、「その対処」へ向かっている状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星一角>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「我が軍の戦力選出事情」は、「四代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、取り敢えず、「確定出来そう」だが、「初任務における今後の見解」として、「前例までの経緯同様」に「更なる事態への発展懸念を想定した様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内四代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の六芒星第⑨難関門結界領域>」で、「九星魔方陣<吉方位神闘犬九星一角>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑨の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の六芒星第⑨難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「敵の戦力情報」は、「前例の経緯同様」に「最高位であろう九星」を攻略完了したので、「終焉、継続」論に自ずと導かれる心境だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(では、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                   第H中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~対策 -新章第③ノH- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第⑨」が、「前例の経緯同様」で、「開いた」と同時に「更なる道筋」を認知だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「余の初任務事情」は、「継続決定」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」は、取り敢えず、「現状維持戦力による銀河地車の出動」なので、「前回同様の戦力による任務執行」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な門第⑨の名称」は、案の定、「闘犬の六芒星第⑨難関門」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「フィールド第⑩の情報」は、「<闘犬の天文魔術鬼門結界領域>」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「我が軍の戦力事情」が、「<闘犬の天文魔術鬼門結界領域>」を少し進むと、「未知な邪気オーラ反応」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑩」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「我が軍の戦力選出事情」は、「②段階進級ランクの四段階目レベル対処範囲だった」ので、「前例までの経緯同様」だが、「参代目神風戦国武将②進級勢力」に進化し、当然ながら、「銀河地車の形態事情」も、「参代目神風戦国武将②進級勢力専用銀河地車」に進化した。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「前例までの経緯同様」に「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門第⑩」へ、ある程度近付くと、「天」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「参代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏の対処範囲」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「新たな邪気オーラ反応元の正体」は、「超九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角化身十星王>の①体」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「侵略者との遣り取り事情」は、「前例までの経緯同様」に「言葉皆無な事」から、如何やら、対象は、「強行突破策を図っている様」なので、「問答無用防衛対処」へ至っている現状だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「この状況」は、「前例までの経緯同様」に「未だ」確定出来る段階じゃないので、「暫く様子見」に成りそうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「我が軍遠征専用戦力の内参代目神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」が、「<闘犬の天文魔術鬼門結界領域>」で、「超九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角化身十星王>」を対処している「現状の任務事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、「前例までの経緯同様」に「未知な門第⑩の存在」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「闘犬の天文魔術鬼門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「今回の一件」は、「前例の経緯同様」で、行き成り「指揮官の出番だった」ので、敵も、行き成り「ボスの出番だった様」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかも、「敵の名称情報」が、「前例の経緯同様」に「超九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角化身十星王>だった」ので、既に攻略していた「九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角>」を「大ボス」としていた様だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「超九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角化身十星王>の出現方法」が、「天から舞い降りた形式だった」ので、「天文魔術による降霊術」を強い印象に残す心境だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「前例までの経緯同様」に「一番強い印象」は、「超九星魔方陣<吉方位神闘犬五星一角化身十星王>の二段階進化術」で、最終的に「我が軍遠征専用戦力」も、「初代神風外様戦国武将②進級~九星魔方陣<吉方位神熊一星一角>~氏」に進化して、事無きを得た「現状の任務事情」だ。)」




           第I中継 「 ~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート対策 -新章第③ノ終焉- 」





初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(!・・「未知な門第⑩」が、「前例までの経緯同様」で、「消失」と同時に「我が軍遠征専用戦力」も、「銀河<大祭司>システム」に帰還だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この一件」は、「任務完了」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(しかし、「前例までの経緯同様」に「敵の強行策」は、「筋金入りの仕様」で、且つ「強行策のタイミング」が、「②通り」推理可能なので、「此れまでのパターンじゃない現実」だとすれば、「未だ」初任務完結に至らないだろうし、現状「今回の一件」を終えているにも関わらず、情勢変化無し、且つ「銀河<大祭司>システム」にも、「正当な更新情報皆無」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「前例までの経緯同様」に「他に把握確定出来そうな事情」は、「敵の魔方陣事情」で、「基本的な形状」として、「正方形」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「前例までの経緯同様」に「敵の魔方陣事情」は、「五星」を主軸としていたからだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「銀河<大祭司>システム」が、「初任務における一番の功績」として、「前例までの経緯同様」に「~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート」を攻略した事だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「ウイルスの特性」は、「一貫」して、「ウイルス自体の感染対象次第」なので、一見「対処不可能」に思え、恐らく、「黒幕」は、「前例まで以上」に困惑している筈だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「前例までの経緯同様」に「この議論」は、「銀河<大祭司>システムの機能」を熟知していなければ、同じ様な解釈してしまうだろう。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「銀河<大祭司>システムの機能」は、「一貫」して、「如何なる災厄も、対処可能」なので、「前例までの経緯同様」で、「別」に、「感染症限定対策仕様でない事情」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「前例までの経緯同様」に「今回のケース」も、「~真正インフルエンザウイルス~」に対して、反応したんじゃなく、敵が、「~真正インフルエンザウイルス~包み空間」を余に通そうとし、「~真正インフルエンザウイルス~包み空間内」に余が、巻き込まれた形で、入れられ、「~真正インフルエンザウイルス~包み空間内の異物へ反応」した訳だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「前例までの経緯同様」に「この戦略事情」は、「此れまでの前例経緯通り」と違って、「同じミスの繰り返し論」に成ってしまうので、「一見」不思議な行為論への思考に陥ってしまうが、もし「敢えて」なら、「他の作戦による時間稼ぎ懸念課題説」を推理可能だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「~真正インフルエンザウイルス~包み空間の構成」は、「部分的接続仕様」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「部分的接続仕様」は、「前例までの経緯同様」で、「接続部分に門を施していた状態」だった。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「この議論」は、「前例までの経緯同様」で、「他に影響させない為」を推理出来る。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「前例までの経緯同様」に何故「敵」が、「強行策へ踏み切ったのか?」も、把握出来そうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(ええ、まず「基本的な強行策への決断論」は、「前例までの経緯同様」に「対象のランダム接近玉突き事故懸念次第」を推理可能だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(つまり、「前例までの経緯同様」に「対象側の関係者」が、「パトロ-ル、旅」等で、「都合の悪い場所を通過して来るかもしれない」ので、「その前」に行動を起こす必要性だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「仕掛けている側の立場」が、「可也の冷静さ」を試される事に成り、少しでもタイミングを間違えれば、「前例までの経緯同様」で、「全ての計画皆無」に成りかねない訳だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「前例までの経緯同様」に「対象側の関係者」が、「何時来るか不明」で、もしかすれば、「強行策執行よりも、早く来るかもしれない現実」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「上記の見解」は、「一般論」で、「前例までの経緯同様」に「余のケース」は、「応用論」だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「前例までの経緯同様」に「特殊な強行策への決断論」は、「能力者の存在」で、「完全に見破られた論」か「部分的な指摘案」を考慮出来そうだ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(ええ、まず「完全に見破られた論」は、「其の侭」で、「前例までの経緯同様」に「見破ったから」を意味する状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、「前例までの経緯同様」に「部分的な指摘案」は、「パトロ-ル限定」で、「気に掛かる場所への詮索」に成り、「~真正インフルエンザウイルス~の様」に「外部からだと不明な事情」なら、「内部へ潜入出来れば、異物への感知可能案」を抱ける状況だ。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(従って、「前例までの経緯同様」に「~真正インフルエンザウイルス~の特性」が、「情報感知皆無」なので、「敵側から」すれば、「本末転倒」を意味するが、「それ以上」に、「密かな思い通りの行動を取れる」から、どちらかと言えば、「部分的な指摘案の方」だろう。)」


初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(・・・現状、「前例までの経緯同様」に「余の初任務事情」は、「特に変化無し」だが、「情勢変化無し継続」で、且つ「銀河<大祭司>システム」にも、「正当な更新情報皆無継続」だから、「新たな情勢変化の意識もしつつ、動きの有った任務」を余は、対処して行くとしようかな。)」




                                  ~セーブエンド~                              





-新章第②ノ⑭-

~神風外様大名システム~ 

六代目神風外様戦国武将~九星魔方陣<吉方位神鬼一星一角>~

六代目神風外様戦国副武将~九星魔方陣<吉方位神鬼一星二角>~

六代目神風外様戦国四天王大名~九星魔方陣<吉方位神鬼一星三角>~

六代目神風外様戦国三天王大名~九星魔方陣<吉方位神鬼一星四角>~

六代目神風外様戦国二天王大名~九星魔方陣<吉方位神鬼一星五角>~

六代目神風外様戦国一天王大名~九星魔方陣<吉方位神鬼一星六角>~

初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、「前例までの経緯同様」に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」

初代神風戦国武将②進級<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、「前例まで」からして、現状「門の名称」を「熊の六芒星登竜門」と仮説中だ。)」

「前例までの経緯同様」に 熊の六芒星第②難関門

「前例まで」

熊の六芒星登竜門結界領域 「前例の仕様同様」に 「前例の経緯同様」に ~真正インフルエンザウイルス~対策 -第①章-


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(そして、余が、気掛かりな、「他の要因」として、前回同様に「第②の未知な門の存在」だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(何故なら、「此れまでの経緯同様」に「他の戦力」が、「その隙」を狙って、「進めそう」だが、「銀河<大祭司>システム」は、無反応だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「前回と全く同様」だが、前例からして、現状「門の名称」を「鬼の六芒星第②難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(即ち、「この見解」は、「初回時と全く同様」だが、前例からして、現状「門の名称」を「鬼の六芒星第②難関門」と仮説中だ。)」


初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「敵の強さ情報」は、「我が軍の戦力選出事情」からして、此れまで同様に「同レベル」だが、「各々の役割」として、解釈出来、且つ「意味の無い行為」といった「間違った解釈論」に注意すべき点だ。)」


我が軍遠征専用戦力 「前回の経緯同様」に 「前回までの経緯同様」に「第②の未知な門」 「前回までの仕様と同様魔方陣」 第②の 鬼の六芒星第②難関門結界領域 「前回までの仕様同様」 ②進級 ③進級 ④進級 氏 御座之間 

に進化し、 「天から舞い降りた形式」で、出現し、 鬼の天文魔術鬼門結界領域 超九星魔方陣<吉方位神鬼五星化身十星王>

、「未知な邪気オーラ反応」を察知し、間髪入れずに、「我が戦力」も出現し、現状に至っている。

初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(それから、「未知な邪気オーラ反応元の正体」は、「未知な門」だった。)」

初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(又、「我が軍の戦力選出事情」は、「初級ランクの一段階目レベル対処範囲だった」ので、「六代目神風戦国武将勢力専用銀河地車の出動」、且つ「近い距離感だった」ので、「別に創造した戦力」じゃなく、「直々の戦力」による任務執行だった。)」

初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン> : 「(!?「我が軍の戦力選出事情」が、「未知な門」へ、ある程度近付くと、「未知な門の六芒星魔方陣」から「新たな邪気オーラ反応」で、「我が軍の戦力選出事情」は、「六代目神風戦国一天王大名<エリザベート・ディバイン>の対処範囲」だ。)」


<鬼の六芒星登竜門結界領域>」 此れまで同様に 前回同様に 邪気オーラ反応 我が軍の戦力選出事情 九星魔方陣<吉方位神鬼一星六角>の①体 !? 「此れまでの経緯同様」に 

六代目神風戦国一天王大名<エリザベート・ディバイン> 六代目神風戦国武将<レビ・ディヴァイン>

<虎の六芒星登龍門> <鬼の六芒星登竜門> 「初任務の黒幕」が、 

<虎の六芒星第②難関門> <鬼の六芒星第②難関門>

<虎の六芒星鬼門> <鬼の六芒星鬼門>

神風祭 <ドクター・デイヴィッド>院長 銀河巨人国 ~真正インフルエンザウイルス~ 初代神風戦国武将<レビ・ディヴァイン>


銀河<大祭司>システム 銀河インフルエンザ 

~<金の桃>漆黒伝説~ 味覚伝染病軍団 吉備団子(きびだんご) 吉方位といい、凶神のいる方角を凶方位 魔方陣 

~黒桃太郎伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症黍団子 九星魔方陣<吉方位神鬼> 九星魔方陣<凶方位神鬼>
鬼の二重面相

~黒金太郎伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症蜂蜜 九星魔方陣<吉方位神熊> 九星魔方陣<凶方位神熊>


~<金賞級の曲芸>漆黒伝説~ 聴覚伝染病軍団 

~ブレーメンの暗黒音楽隊~ 感染ル-ト : 銀河感染症犬笛 九星魔方陣<吉方位神闘犬> 九星魔方陣<凶方位神闘犬>


~ブラックハロウィンレジェンド~ 感染ル-ト : 銀河感染症超音波 九星魔方陣<吉方位ゴッドヴァンパイア> 九星魔方陣<凶方位ゴッドヴァンパイア>


~<夢心地>漆黒伝説~ 視覚伝染病軍団 

~へルヘン(地獄のメルヘン)ファンタジー~ 感染ル-ト : 銀河感染症催眠術 九星魔方陣<吉方位ゴッドナイトメア> 九星魔方陣<凶方位ゴッドナイトメア>


~悪巧み(匠)の粋な計らい伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症眼鏡 


~<完全犯罪>漆黒伝説~ 触覚伝染病軍団 

~人形劇伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症傀儡用操り糸 九星魔方陣<吉方位ゴッドピエロ> 九星魔方陣<凶方位ゴッドピエロ>


~未来永劫伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症伝導 九星魔方陣<吉方位ゴッドサイボーグ> 九星魔方陣<凶方位ゴッドサイボーグ>


~<エデンの園>漆黒伝説~ 嗅覚伝染病軍団 

~甘い罠伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症花の香り 九星魔方陣<吉方位造花猪神獣> 九星魔方陣<凶方位造花猪神獣>


~一寸法師先は闇伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症食の匂い 九星魔方陣<吉方位ゴッドホーネット> 九星魔方陣<凶方位ゴッドホーネット>


~<無限の黄金期>漆黒伝説~ 第六感(感覚)伝染病軍団 

~黄金光伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症超能力 九星魔方陣<吉方位ゴッドエスパーガルーダ> 九星魔方陣<凶方位ゴッドエスパーガルーダ>


~黒竜影犬皇帝伝説~ 感染ル-ト : 銀河感染症憑依 九星魔方陣<吉方位ゴッドパラサイトカイザー> 九星魔方陣<凶方位ゴッドパラサイトカイザー>


気転とは? 〔近世には形容動詞のようにも用いた〕
状況に応じて適切に判断することのできる機敏な心の働き。


<ドクター・デイヴィッド>院長 右腕助手の<怪力黒童子>院長 

桃太郎(ももたろう)は、日本のおとぎ話の一つ。

「桃太郎」が、お婆さんから黍団子(きびだんご)を貰って、イヌ、サル、キジを従えて、鬼ヶ島まで鬼を退治しに行く物語。

勧善懲悪物語

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)は、「善を勧め、悪を懲しめる」ことを主題とする物語の類型


桃太郎の出生に関しては、桃から生まれたとする場合や、桃を食べた老夫婦が若返って子供を産んだとする場合がある。

桃太郎の成長過程については、お爺さんとお婆さんの期待通り働き者に育ったとする場合や、三年寝太郎のように力持ちで大きな体に育つが怠け者で寝てばかりいるとする場合がある。

成長した桃太郎は、鬼ヶ島の鬼が人々を苦しめていることを理由に鬼退治に旅立つが、その決意を自発的に行う場合と、村人や殿などに言われて消極的に行う場合とがある。

出征時には両親から黍団子を餞別に貰う。道中、遭遇するイヌ、サル、キジにその黍団子を分け与えて家来にする。

鬼ヶ島での鬼との戦いで勝利をおさめ、鬼が方々から奪っていった財宝を持って帰り、最終的に郷里のお爺さん・お婆さんの元に帰って幸せに暮らしたとして物語は締めくくられる。

三年寝太郎(さんねんねたろう)は、日本の民話の一つ。三年間眠続けた、一見するとただの怠け者の男が、突然起き出した末に灌漑など大きいことをするという話

桃は邪気を祓い不老不死の力を与える霊薬である果実とされている。

山奥に住む仙人にも桃は欠かせない存在である。桃太郎を齎した桃は、こうした力のある桃が山から流れて来たものとも考えられる。世界的には霊力のある植物は桃とは限らず、古くはギルガメシュ叙事詩での不死の薬草

西王母 神仙薬 夏王

鬼は、風水では丑と寅の間の方角(北東)である「鬼門」からやって来ると考えられている

方位神(ほういじん)とは、九星術から生じた神々で、その神のいる方位に対して事を起こすと吉凶の作用をもたらすと考えられた。

方位神は、それぞれの神に定められた規則に従って各方位を遊行する。吉神のいる方角を吉方位といい、凶神のいる方角を凶方位という。

九星(きゅうせい)は、古代中国から伝わる民間信仰で、一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫の9つ。

魔方陣(まほうじん、英:Magic square)とは、正方形の方陣に数字を配置し、縦・横・斜めのいずれの列についても、その列の数字の合計が同じになるもののことである。特に1から方陣のマスの総数までの数字を1つずつ過不足なく使ったものを言う。

3×3の魔方陣

1×1の魔方陣は明らかであり、2×2の魔方陣は同じ数字を使用しない限り存在しない。したがって3×3のものが意味のある最小の魔方陣になる。

3×3の魔方陣(三方陣)は、対称形を除けば下記の形しか存在しない。各列の合計は15になる。

西洋数秘術のサトゥルヌス魔方陣(土星魔方陣)

4×4の魔方陣 5×5の魔方陣 6×6の魔方陣 9×9の魔方陣

九星はそのような天文の星とは無関係である。

九星には3つの白の星と1つの紫の星がある。これらは本来は吉の星であって三白九紫と総称された。三白九紫は平安時代に代表的な凶神であった、大将軍や金神の凶を抑えることができるとされていた。

一白水星 いっぱくすいせい 水 北 十二支 - 子  白 季節 - 冬

二黒土星 じこくどせい 土 西南 十二支 - 未、申 黒 節分

三碧木星 さんぺきもくせい 木 東 十二支 - 卯 青 季節 - 春 

四緑木星 しろくもくせい 木 東南 十二支 - 辰、巳 緑 季節 - 春

五黄土星 ごおうどせい 土 中央 黄色 

六白金星 ろっぱくきんせい 金 西北 十二支 - 戌、亥 白 季節 - 晩秋 

七赤金星 しちせききんせい 金 西 十二支 - 酉 赤 季節 - 秋 

八白土星 はっぱくどせい 土 東北 十二支 - 丑、寅 白 季節 - 冬 

九紫火星 きゅうしかせい 火 南 十二支 - 午 紫 季節 - 夏

裏鬼門(うらきもん)

九星の中で特別の意味をもつ。他の8つ星を支配する強力な星。同じ土性をもつ二黒土星,八白土星と比べても土気は強い。

その象意を見ても、マイナスイメージの強いものや極端なものがほとんどであるし、方位に関しても五黄が配当される方位は「五黄殺」、その反対側は「暗剣殺」といっていずれも凶方位とされるが、運気は強いとされる。また、五黄の寅年生まれは、五黄の寅といって気が強いと言われる。

丙寅(ひのえとら、へいいん)は、火虎

戊寅(つちのえとら、ぼいん)は、土虎

庚寅(かのえとら、こういん)は、金虎

壬寅(みずのえとら、じんいん)は、水虎

甲寅(きのえとら、こういん)は、木虎

五黄の寅年生まれは気が強い

子 鼠 23時–1時 夜半 玄枵 宝瓶宮 北 11月 水 陽 4 8
2 丑 牛 1時–3時 鶏鳴 星紀 磨羯宮 北東微北 12月 土 陰 5 9
3 寅 虎 3時–5時 平旦 析木 人馬宮 北東微南 1月 木 陽 6 10
4 卯 兎 5時–7時 日出 大火 天蝎宮 東 2月 木 陰 7 11
5 辰 龍 7時–9時 食時 寿星 天秤宮 南東微北 3月 土 陽 8 0
6 巳 蛇 9時–11時 隅中 鶉尾 処女宮 南東微南 4月 火 陰 9 1
7 午 馬 11時–13時 日中 鶉火 獅子宮 南 5月 火 陽 10 2
8 未 羊 13時–15時 日昳 鶉首 巨蟹宮 南西微南 6月 土 陰 11 3
9 申 猿(猴) 15時–17時 哺時 実沈 双児宮 南西微北 7月 金 陽 0 4
10 酉 鶏 17時–19時 日入 大梁 金牛宮 西 8月 金 陰 1 5
11 戌 犬(狗) 19時–21時 黄昏 降婁 白羊宮 北西微南 9月 土 陽 2 6
12 亥 豚(猪)


銀河<大祭司>システム 「の更新情報」と「未知な銀河サイバー攻撃」 -黙読- -黙想-

作為的な完全犯罪仕様 問題の更新情報送信元 巨人銀河国コスモヨトゥンヘイム 

~<金の桃>漆黒伝説~ 

黒桃太郎伝説 黒金太郎伝説 


ダヴィデ、ダヴィド デイヴィッド

羊飼いから身をおこして初代イスラエル王

伝統的に『詩篇』の作者 

詩篇(しへん)は、神(ヤハウェ)への賛美の詩。

預言者

第八子で羊飼いの美しい少年ダビデ

戦士であり竪琴も巧みなダビデが王のもとに召し出された。ダビデが王のそばで竪琴を弾くとサウルの心は安まり気分がよくなった。[2]

その頃、サウルとイスラエル人たちはペリシテ人との戦いを繰り返していた。ペリシテ最強の戦士でガト出身のゴリアト(ゴリアテ)はしばしば単身イスラエル軍の前に現れて挑発を繰り返したが、イスラエル兵はこれを恐れた。従軍していた兄たちに食料を届けるために戦陣をおとずれたダビデは、ゴリアトの挑発を聞いて奮起し、その挑戦を受けることを決意した。サウルの前にでたダビデはサウルの鎧と武器を与えられて身にまとったが、すぐにこれを脱ぎ、羊飼いの杖と石投げだけを持って出て行った。

エン・ゲディの洞窟 バビロン捕囚 

「ダビデの星」

現在のイスラエルの国旗にも取り入れられている六芒星のマークは「ダビデの星」とも呼ばれているが、実際には歴史上実在したダビデ王とは関係がなく、後世に考案されたもの

ダヴィデ王 (オネゲル)

劇的詩篇『ダヴィデ王』

オーケストラ、混声合唱とソロ歌手、語り手で演奏されるが、劇場側の都合により、オーケストラはわずか17人(管楽器と打楽器、ピアノ、チェエレスタ、ハーモニウム。弦楽器はコントラバス1本のみ)という極めて特殊な編成

交響的詩篇『ダヴィデ王』

一人のナレーターが筋書きを説明する形、オーケストレーションの拡大

オーケストレーションは、音楽上のアイディアを、最も合理的かつ効果的な方法で管弦楽団で表現する手段を深く研究する学問
一般的に、“オネゲルの『ダヴィデ王』”といえば、こちらの「交響的詩篇」を指す場合が多い。

ソロモンは、第3代の王

神がソロモンの夢枕に立ち、「何でも願うものを与えよう」というと、ソロモンは知恵を求めた。神はこれを喜び、多くのものを与えることを約束した。ここからソロモンは知恵者のシンボル

このことから、長きにわたってユダヤ教の伝承ではソロモンは知恵文学の著者とされていたが、歴史的な裏付は無く、考古学的には疑問視する意見も少なくない。また、一説には神から知恵(指輪)を授かった、もしくはユダヤ教の秘儀カバラが記された『ラジエルの書』を託されたとも言われ、多くの天使や悪魔を使役したとされる。

初めてエルサレム神殿を築いた。

君主政治支持者と部族分離主義者との対立を拡大させた。

降霊術(こうれいじゅつ)は、占いの目的のために亡者の霊を呼び寄せようとする魔術の形態

シャーマニズムと関係がある。古典的降霊術師は、トランス状態のシャーマンの呟き声

最も有名な聖書の降霊術師である「エンドルの魔女」

エンドルの魔女に命じて黄泉(シェオル)からサムエルの影を呼び出させた。後世、一部のキリスト教の著述家は、人間が死者の霊を呼び戻すことができるという発想を却下し、かかる影は偽装した悪霊(デーモン)であると解釈した。かくして降霊術は悪霊呼び寄せと同義となった。

アルルのカエサリウス[6]は、たとえ呪文のはたらきが利益をもたらすように見えるとしても、キリスト教の神以外のいかなる悪霊も「神々」も信用せぬよう聴衆に説いた。かれは、悪霊たちは神の許しによってのみ行動するのであり、キリスト教徒に試練を与えることを神に許されているのだと述べる。カエサリウスはここで人を咎めているのではない。かれはただ、降霊術は聖書で禁じられているにもかかわらず存在している

天文魔術

降霊術を指す言葉であるネクロマンシーは、現代では死の操作を自称したり装ったりするものを表す


金太郎
金時神社(金太郎が祭られている神社)
金太郎は足柄山で熊と相撲
頼光四天王の一人
山伏姿に身をかえ、神変奇特酒(眠り薬入り酒)を使って退治した
頼光四天王の怪力童子のイメージ

出生の伝説は、母親が山姥で、雷神の子供を孕んで産まれてきたとするものや、金時山の頂上で赤い龍が八重桐に授けた子というものも存在する。

菅原道真は死して天神(雷の神)になったと伝えられる。

雷神(らいじん)は、日本の民間信仰や神道における雷の神である。「雷様(かみなりさま)」「雷電様(らいでんさま)」「鳴神(なるかみ)」「雷公(らいこう)」とも呼ばれる。

雷切(らいきり)は、雷または雷神を斬ったと伝えられる日本刀。複数ある。

雷切・千雷鳥

木の陰で雨宿りしていた立花道雪を雷が襲った時、道雪は所持していた刀千鳥でその雷(雷神)を切ったとされる

雷切・一両筒 

この刀で一両筒の火縄銃の銃身を切断したことから「一両筒」とも呼ばれた。

雷神を2度も切った刀とされ「雷切」とも呼ばれた。









オーラ・レボリューション~神風征夷大将軍~-銀河曳き祭り- 、<任務時>パレード 

~普段<新調入魂式・試験曳き・パレード>~


<神風殿天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風征夷大将軍勢力専用地車 遠征軍の指揮官

初代神風征夷大将軍 弐代目神風征夷大将軍 参代目神風征夷大将軍 四代目神風征夷大将軍 五代目神風征夷大将軍 六代目神風征夷大将軍 

<神風副殿天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風副将軍勢力専用地車

初代神風副将軍 弐代目神風副将軍 参代目神風副将軍 四代目神風副将軍 五代目神風副将軍 六代目神風副将軍 

<神風四天王殿天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風四天王将軍勢力専用地車

初代神風四天王将軍 弐代目神風四天王将軍 参代目神風四天王将軍 四代目神風四天王将軍 五代目神風四天王将軍 六代目神風四天王将軍 

<神風三天王殿天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風三天王副将軍勢力専用地車

初代神風三天王副将軍 弐代目神風三天王副将軍 参代目神風三天王副将軍 四代目神風三天王副将軍 五代目神風三天王副将軍 六代目神風三天王副将軍 

<神風二天王殿天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風二天王将軍勢力専用地車

初代神風二天王将軍 弐代目神風二天王将軍 参代目神風二天王将軍 四代目神風二天王将軍 五代目神風二天王将軍 六代目神風二天王将軍 

<神風一天王殿天守閣・銀河地車大屋根>

神風一天王将軍勢力専用地車

初代神風一天王将軍 弐代目神風一天王将軍 参代目神風一天王将軍 四代目神風一天王将軍 五代目神風一天王将軍 六代目神風一天王将軍


~任務時<普段以上事態・元々>~

<神風戦国殿大天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風戦国武将勢力専用地車

初代神風戦国武将 弐代目神風戦国武将 参代目神風戦国武将 四代目神風戦国武将 五代目神風戦国武将 六代目神風戦国武将 

<神風戦国副殿大天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風戦国副武将勢力専用地車

初代神風戦国副武将 弐代目神風戦国副武将 参代目神風戦国副武将 四代目神風戦国副武将 五代目神風副武将 六代目神風戦国副武将 


<神風戦国四天王殿大天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風戦国四天王勢力専用地車

初代神風戦国四天王大名 弐代目神風戦国四天王大名 参代目神風戦国四天王大名 四代目神風戦国四天王大名 五代目神風戦国四天王大名 六代目神風戦国四天王大名 

<神風戦国三天王殿大天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風戦国三天王大名勢力専用地車

初代神風戦国三天王大名 弐代目神風戦国三天王大名 参代目神風戦国三天王大名 四代目神風戦国三天王大名 五代目神風戦国三天王大名 六代目神風戦国三天王大名 

<神風戦国二天王殿大天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風戦国二天王大名勢力専用地車

初代神風戦国二天王大名 弐代目神風戦国二天王大名 参代目神風戦国二天王大名 四代目神風戦国二天王大名 五代目神風戦国二天王大名 六代目神風戦国二天王大名 

<神風戦国一天王殿大天守閣・銀河地車大鳥居屋根>

神風戦国一天王大名勢力専用地車

初代神風戦国一天王大名 弐代目神風戦国一天王大名 参代目神風戦国一天王大名 四代目神風戦国一天王大名 五代目神風戦国一天王大名 六代目神風戦国一天王大名 


一騎当千 【意味】 一騎当千とは、並はずれて強い人。


銀河殿下の改革 (神風戦国副武将専用化身術は、無限大力を自由自在に操り、通常技が、全て「<邪気退散奥義>神の息吹」に成り、「<特殊技>地響き」効果で、「対象の次元」を揺るがし、「ドットハックワールド状態」にして、「通常世界との交流を一切絶たせる」正に神改革。)


瞬間伝染病(でんせんびょう)は、病気を起こした個体(ヒトや動物など)から病原体が別の個体へと到達し、連鎖的に感染者数が拡大する感染症

感染経路の究明

ヒトや家畜など特定の動物種の集団内で同じ症状を示す者が短時間に多発した状態(集団発生・疫病)を指していたため、現在でも「集団感染」

~瞬間伝染の形式~

瞬間接触感染とは、ふれあいで病原体が皮膚に付着し感染が成立するもの。

薬剤耐性(やくざいたいせい)とは、生物が、自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のこと。

真正ウイルス(しんせいウイルス)とは、他の生物の細胞を利用して、瞬間的に自己を複製させることのできる微小な構造体。

糞口感染とは、汚染された水などの経口摂取により感染。

飛沫感染とは、飛沫が病原体を含んだ風疹ウイルス感染。

空気感染とは、空気中に浮遊した微生物を吸う感染。

他の動物(特に節足動物)が媒介者(ベクター)となって、伝播することで感染。

媒介(ばいかい)とは、病原菌をうつすこと。

ナノメートル ≪ マイクロメートル ≪ ミリメートル ミクロン

感染症(かんせんしょう、英語:infectious disease)とは、寄生虫、細菌、真菌、ウイルス、異常プリオン等の病原体の感染により、より高等な動植物である「宿主」に生じる望まれざる反応(病気)の総称。


<視覚範囲内の外敵>、<視覚範囲外の外敵>


~狂犬病魔帝国~

犬神(いぬがみ)は、犬霊の憑き物


モーザ・ドゥーグを 「仔牛ほど大きく、ピューター製の皿ような眼をした」
島に出現した黒犬の姿の怪異のこと
伝説の毛深い黒妖犬
「黒い犬」を意味し
大きさの黒犬

ライラプス(古希: Λαῖλαψ, Lailaps)は、ギリシア神話に登場する犬

この犬はどんな獲物でも決して逃がさないと運命に定められていて、狙った獲物は決して外さないという槍


クー・シー(Cu Sith カーシー)は、スコットランドに伝わる犬の妖精[1]。名もそのまま「犬の妖精」を意味する(クー=犬、シー=妖精)。

全身に長い暗緑色の毛を生やし、丸まった長い尾を持つ牛並みに大きな犬で、妖精達の番犬とされている[2][3]。人間を襲う事もある


と言う。全く音をたてず、滑るようにして移動する[3]。魔女の猟犬ヘルハウンド 地獄女神の猟犬ヘルハウンド

夜中に古い道や十字路に現れ、燃えるような赤い目に黒い体の大きな犬の姿
黒い犬の姿をした不吉な妖精。
魔女の女王である地獄の女神ヘカテーの猟犬
死の先触れや死刑の執行者としての側面を持つ。

暗黒の妖精化身番犬バーゲスト

邪悪な精霊が犬の姿

鎖を引きずり角と鉤爪のある赤い目の黒犬の姿を好んでとるが、熊の姿

不吉の先触れであり、バーゲストを見ると近いうちに親しい人物の死が訪れる


無闇地獄番犬ガルム 

ヘル (Hel) は、北欧神話における老衰、疾病による死者の国を支配する女神。エーリューズニルという館に住む。

屋敷の垣根は驚くほど高く、門も大きい。

グニパヘリル(古ノルド語: Gnipahellir)は、北欧神話に出てくる洞窟のことである。険しく、切り立った岩で囲まれている。ヘルヘイムへの入り口となっている[1]。

ヘルヘイム(古ノルド語: Helheim)は、北欧神話に登場する世界のひとつ


~狂牛病魔帝国~ 

『千夜一夜物語』(せんやいちやものがたり、亜: ألف ليلة وليلة‎,ペルシア語: هزار و یک شب‎ )は、『アラビアンナイト』


アピス(Apis)は、古代エジプトの都市メンフィスで信仰された聖なる牛。エジプト神話のプタハ神の化身

プタハを世界創造の神とするメンフィス神学という独自の神話体系を持っていた。

杖を持つミイラの姿

都市メンフィスで信仰された創造神。

鍛冶や職人の守護神

地下世界とのつながりから冥界の神

闇を好む神でもあるとされ、アブ・シンベル神殿


蚩尤(しゆう、Chihyu。または蚩蚘とも書く)は、神であり、三皇五帝

炎帝神 霧をあやつる力

蚩尤は、砂や石や鉄を喰らい、超能力を持ち、性格は勇敢で忍耐強く、獣身で銅の頭に鉄の額を持ち、また四目六臂で人の身体に牛の頭と蹄を持つとか、頭に角があるなどとされる。


大魚型のベヒモス

バハムートの鼻孔に海を置いても、砂漠に置かれた芥子粒ほどの大きさでしかないと表現される巨躯で、その体からは眩しい光を発している。

その巨体で大地を支え


クジャタ

大きな聖なる牡牛のこと。また、大きな山自体が牛と化したもの

毛むくじゃらの茶色く長い毛が生えていて、気候自体をそれによって和らげる。また、その毛は青い燐光も放っていて、持ち帰れば魔よけにもなるという。背中にはラクダのようにコブが二つあり、そこから柘榴石(またはルビー)がとれる。しかし、巨大な為、頂上まで上った者はいないという。

中世イスラム教のある世界観では、クジャタは巨大な魚であるバハムートの背に乗っており、4000の目、耳、足を持つとされる。ある目から別の目へ、あるいはある耳から別の耳へ移動するには500年かかるという。


エアレー

イノシシの牙とどの角度にも向きを変えることが出来る二本の非常に長い角を持っている。

主な形態は黒あるいは黄褐色のアンテロープまたはヤギのような体で、大きさはウマあるいはカバぐらい。多彩色の斑点を持ち、イノシシあるいはゾウの尾と大きな牙を持つ。そして、どの角度にも自由に動かせる二本の非常に長い角を持っている。戦いの時は、片方の角を前に伸ばして戦い、もう片方の角は後ろに向けておくという。それで、戦っている方の角が傷付くと、もう片方の角と入れ替える。

牛鬼(うしおに、ぎゅうき)は、西日本に伝わる妖怪[1]。主に海岸に現れ、浜辺を歩く人間を襲う

非常に残忍・獰猛な性格で、毒を吐き、人を食い殺すことを好む。


ミーノータウロス(古希: Μινώταυρος, Mīnōtauros, ラテン語: Minotaurus, 英語: Minotaur)は、ギリシア神話に登場する牛頭人身の怪物。

星、雷光を意味するアステリオス(Asterios)と名づけられるが、「ミーノース王の牛」を意味するミーノータウロスと呼ばれる。

迷宮(ラビュリントス)

クレーテー島で行われた祭りの内容は牛の仮面を被った祭司が舞い踊り、何頭もの牛が辺り一帯を駆け巡る。


~鳥インフルエンザ伝染病魔帝国~

低病原性トリインフルエンザ(Low Pathogenic Avian Influenza、LPAI)
高病原性トリインフルエンザ(Highly Pathogenic Avian Influenza、HPAI)

インフルエンザ(ラテン語: influenza)はインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。略称としてインフルがある。多くは上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うこと。

ヒトに感染するものを意味する。

インフルエンザウイルス (influenzavirus , flu virus) はヒト(人間)に感染して、感染症であるインフルエンザを引き起こすウイルス。

A型インフルエンザウイルス(えーがたいんふるえんざういるす、Influenzavirus A)は、オルトミクソウイルス科のA型インフルエンザウイルス属に分類されるウイルスの総称である。

A型インフルエンザウイルスはヒト、鳥類、ウマ、ブタなどに感染する。 A型インフルエンザウイルスの亜型(subtype)はすべて野鳥から発見されたが、ほとんどは病気を引き起こさない。

いくつかのA型インフルエンザウイルスはヒトや家禽に対し、インフルエンザを引き起こす[1]。さらに、時折野生の水鳥から家畜などにウイルスが伝染するため、世界的流行(パンデミック:pandemic)が起こることが懸念されている[2][3] 。


B型インフルエンザウイルス(ビーがたインフルエンザウイルス、Influenzavirus B)とはオルソミクソウイルス科のB型インフルエンザウイルス属に属する唯一の種である。

B型インフルエンザはヒトとアシカ亜目のみに感染して[1]、インフルエンザを引き起こす。


C型インフルエンザウイルス(英: Influenza C virus)とはオルソミクソウイルス科に属するウイルスの1種であり、A型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルス同様、インフルエンザを引き起こす。C型インフルエンザウイルス属に属する唯一のウイルスである。

C型インフルエンザウイルスはヒトとブタに感染し、インフルエンザを引き起こすことが知られている[1]。

C型インフルエンザウイルスによるインフルエンザはA型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに比べ、重篤になることは稀である。



~馬インフルエンザ伝染病魔帝国~

馬インフルエンザ(うまインフルエンザ、Equine influenza)とは国際獣疫事務局(OIE)のリストBに指定されている伝染性疾病

発熱を伴う急性の呼吸器疾患

感染力は高く、感染速度も速い。馬から馬[1]へは感染するものの、馬から人などへの感染はない。ただし、犬には感染する可能性がある(犬インフルエンザの原因になりうる)。


植物の伝染病

植物病害の名称としての疫病は、

「ウイルス」は、「毒液」または「粘液」を意味するラテン語 virus に由来して命名された。古代ギリシアのヒポクラテスは病気を引き起こす毒という意味。


コンピュータウイルス (computer virus) とは、マルウェア(コンピュータに被害をもたらすプログラム)の一種で、自立せず、動的に活動せず、プログラムファイルからプログラムファイルへと静的に感染。

さらにはプログラムではない誤動作を起こさせるデータをも。


~人インフルエンザ伝染病魔帝国~

人インフルエンザウイルス(Human influenza virus)は、通常ヒトの間で広がるインフルエンザウイルスのこと。


~豚インフルエンザ伝染病魔帝国~

豚インフルエンザ(ぶたインフルエンザ、swine influenza, swine flu, hog flu, pig flu)とはオルトミクソウイルス科A型インフルエンザウイルス(属)の感染によるブタの感染症。

ヒト、トリのA型インフルエンザウイルスに容易に感染する。



~犬インフルエンザ伝染病魔帝国~

犬インフルエンザは馬インフルエンザの原因


新型インフルエンザ(しんがたインフルエンザ)はインフルエンザウイルスのうち、ヒト-ヒト間の伝染能力を新たに有するようになったウイルスを病原体とするインフルエンザ感染症。





ユグドラシル(古ノルド語: Yggdrasill, [ˈyɡːˌdrasilː][1]; ユッグドラシッル)、英語: Yggdrasil ([ˈɪg.drə.sɪl], イグドゥラスィル) は、北欧神話に登場する1本の架空の木。

世界を体現する巨大な木

ユグドラシルは、九つの世界に根を張り、3つの魔法の泉がある。

ミーミルの泉(ミーミスブルン)
ウルズの泉(ウルザブルン)
フヴェルゲルミル

アルフヘイム、もしくはアールヴヘイム(Alfheim, Álfheimr)は、北欧神話において光の妖精(エルフ)の住む国。 九つの世界の第一層に存在

ヴェルンド (ON. Völundr) とは、ゲルマン人の伝承に登場する鍛冶師


闇のエルフが住む国はスヴァルトアルファヘイムと呼ばれ、第二層

黒い妖精の国スヴァルトアールヴヘイム

闇の妖精ドヴェルグ とは、魔力のある武器や宝の制作をする優れた匠

ドヴェルグ とは、人間よりも少し背丈の小さい伝説上の種族。

高度な鍛冶や工芸技能をもつとされており、外観は男女共に背丈が低いものの力強く屈強で、特に男性はその多くで長い髭をたくわえているとされる。



ミズガルズ(古ノルド語: Miðgarðr、 簡略表記Midgard:ミッドガルド)は、「中央の囲い」を意味する北欧神話に登場する人間の住む領域。ミッドガードは英語読み。日本語訳は中つ国。

ミズガルズはユグドラシルの中央周辺にあると描写されており天上のアースガルズと地下のヘルヘイムに挟まれ、ミズガルズとアースガルズは虹の橋ビフレストによってつながっている。

ミズガルズの周囲は水または海洋で囲まれており、その外側にはヨトゥンヘイムが存在する。 巨大な蛇ヨルムンガンドはミズガルズに収まりきらず海洋の中でミズガルズをぐるりと取り囲んで、己の頭で己の尾をくわえている。

ヨトゥンヘイム[1](ヨートゥンヘイム[2]、ヨーツンヘイム[3]、ヨツンヘイム[4]とも。古ノルド語: Jötunheimr。巨人の国)は北欧神話に登場する「ヨトゥン」と呼ばれる霜の巨人族と丘の巨人族が住む国

ヨトゥンヘイムを支配する王はスリュム

スリュム(古ノルド語: Þrymr)は、北欧神話に登場する霜の巨人の王

牛小屋には黄金の角を持つ牛と、真っ黒な牝牛を持っている。


アースガルズ外側には魔的存在が住むウートガルズがある。

ウートガルズ[1](またはウトガルズ。古ノルド語: Útgarðar。ウトガルド[2](Utgard)とも)は、北欧神話に登場するヨトゥンヘイム(巨人の国)にある都市。ウートガルザ・ロキが治めている[3]。

見上げればうなじが背に着くほどの大きな城壁をもつ[3]。

万物の父(オーディン)は、アースガルズが作られた後、神殿を作った。それがグラズヘイム
地上で一番見事といわれる宮殿
黄金色に輝くヴァルハラが広々と建っている第5の場所はグラズヘイムと呼ばれている。


アース神族(古ノルド語:Ás, Áss, 複数形:Æsir エーシル, 女性形:Ásynja, 女性複数形:Ásynjur, 古英語:Ós, ゲルマン祖語再建形:*Ansuz, アサ神族とも)とは、北欧神話における最高神オーディンを長とする神々の系統のことである。

原罪(げんざい、英語: original sin[1], ラテン語: peccatum originale[2])は、キリスト教内の西方教会において最も一般的な理解では、アダムとイヴから受け継がれた罪のこと。現代の西方教会においては、罪が全人類に染み渡っていて罪

アースガルズ(古ノルド語 Ásgarðr, 簡略表記 Asgard)は北欧神話に登場するアース神族の王国。死すべき定めの人間の世界 ミズガルズの一部

死すべき定め(しすべきさだめ)とは、神話、ファンタジー世界において、老化を免れ事故以外では死なない不老不死の存在に対して、この世界の人間をはじめとするすべての生き物を区別してするいい方。

エデンの園とは、楽園の代名詞で、地上の楽園

生命の樹を守るため、ヤハウェ・エロヒムはエデンの東にケルビムときらめいて回転する炎の剣をおいた。

煉獄山の山頂にエデンの楽園があり、天国に最も近い場所

九つの世界(ここのつのせかい)は、北欧神話に登場する世界の総称で9つあり、3つの層に分かれている。第一層と第二層とは、虹の橋(ビフレスト)によって結ばれている。

ユグドラシル

ユグドラシルは、九つの世界に根を張り、3つの魔法の泉がある。

ミーミルの泉(ミーミスブルン)
ウルズの泉(ウルザブルン)
フヴェルゲルミル


第一層

アース神族の国アースガルズ

ウルズの泉は、アースガルズに向かう根の直下にある泉

ヴァルハラ
妖精の国アルフヘイム
ヴァン神族の国ヴァナヘイム


第二層

小人の国ニダヴェリール 

「暗い野」の意[1])とは、北欧神話で、ドヴェルグたちが住むとされている世界
                北に立ちてあるもの黄金の館

黒い妖精の国スヴァルトアールヴヘイム

ドワーフ(dwarf、英語の発音はドゥウォーフに近い)は、人間よりも少し背丈の小さい伝説上の種族が、住むとされている世界


人間の国ミズガルズ 

ミズガルズ(古ノルド語: Miðgarðr、 簡略表記Midgard:ミッドガルド)は、「中央の囲い」を意味する北欧神話に登場する人間の住む領域。

巨人の国ヨトゥンヘイム


第三層

氷の国ニヴルヘイム

ニヴルヘイム(古ノルド語: Niflheimr、「霧の国」または「暗い国」)は、北欧神話の九つの世界のうち、下層に存在するとされる冷たい氷の国。ギンヌンガガプと呼ばれる亀裂を挟んでムスペルヘイムの北方にある。

ニヴルヘイムには世界樹の根の一つが伸びているが、その下にはフヴェルゲルミルと呼ばれる泉がある。この泉には世界樹の根を齧るニドヘグという蛇が住み[2]、フヴェルゲスヴォル、グンスラー、フィヨルム、フィンブルスル、スリーズ、フリーズ、シュルグ、ユルグ、ヴィーズ、レイプト、ギョッルなどの川の源とされているが、このうちギョッルがニヴルヘイムとヘルヘイムを隔てている[3]。そこにはギャラルブルという黄金の橋が架かっており、モーズグズという女巨人が守っていると考えられていた[4]。

また、ニヴルヘイムにはエーリヴァーガルという川があり、凍りながら北のギンヌンガガプに至る

ギンヌンガガプ(ニヴルヘイムとムスペルヘイムを分ける)

ギンヌンガガプ(Ginnungagap、ギンヌンガ・ガップとも)とは、北欧神話に登場する、世界の創造の前に存在していた巨大で空虚な裂け目

その下にはフヴェルゲルミルと呼ばれる泉


死の国ヘルヘイム

疾病による死者の国を支配する女神ヘルが治め、ユグドラシルの地下にあるといわれる死者の国。


炎の国ムスペルヘイム

世界の南の果てにある灼熱の国

ムスペルヘイムにはムスペルと呼ばれる巨人が住み、スルトという巨人が入り口を守っているとされている。世界の創めから存在し、あまりの暑さ



エデンの園から追放した理由は、知恵の樹の実を食べた人間が、生命の樹の実までも食べて永遠の生命を得、唯一絶対の神である自身の地位が脅かされる(ユダヤ伝承では知恵の樹の実と生命の樹の実をともに食べると、神に等しき存在になるとされているので)事を恐れたためである。

ミーミルの泉(ミーミルのいずみ、古ノルド語: Mímisbrunnr)は、北欧神話に登場する泉。ユグドラシルの3本に分かれた根のうち、霜の巨人の国へ伸びた根の根元にあり、知恵と知識が隠されているとされており、賢い巨人ミーミルが所有している[1]

ミーミル(古ノルド語: Mímir、ミミル、ミーミ)は、オーディンの相談役となった賢者の神。オーディンの伯父にあたる[1]巨人

ウルズの泉(ウルズのいずみ、ウルザブルン、古ノルド語: Urðarbrunnr、綴りは他にUrtharbrunnrも)とは、北欧神話に登場する世界樹ユグドラシルの3本に分かれた根のうち、アースガルズに向かう根の直下にある泉である[1]。 名前は運命の女神、ノルンたち(ノルニル)の一柱で、三姉妹の長女ウルズに由来し、泉水は強力な浄化作用を持っている[2]。


フヴェルゲルミル(Hvergelmir、古ノルド語で「沸き立つ鍋」[1]、「叫ぶ大釜」の意)は、北欧神話においてニヴルヘイムに存在するとされる泉[2]。


ヒュミル(古ノルド語: Hymir)とは北欧神話に登場する海の巨人

巨人のヒュミルが、エーリヴァーガルの東の天の縁に住んでいる

エーリヴァーガル(古ノルド語: Élivágar)は、北欧神話に登場する川のことである。名前は「嵐の海」の意味


銀河地車(コスモダンジリ 

銀河神風町旗 ディバイン ウインド  銀河神風システム 「曳き(ひき)だんじり」 銀河陣風町旗 ジンウインド 

駆け抜ける ハッピ レビ・ディヴァイン 

<銀河大祭司>モーセ・ディヴァイン 副大祭司修道院生 四天王大祭司修道院生 参天王大祭司修道院生 弐天王大祭司修道院生 壱天王祭司修道院生 

「神の目」を持つ。銀河神風町会長 だんじりの運営最高責任者 

<銀河教区司祭>アロン・ディバイン 副教区司祭修道院生 四天王教区司祭修道院生 参天王教区司祭修道院生 弐天王教区司祭修道院生 壱天王教区司祭修道院生 

だんじりの最上部で団扇を持ち舞いを舞う


<銀河修道司祭>ミリアム・ディバイン 副修道司祭修道院生 四天王修道司祭修道院生 参天王修道司祭修道院生 弐天王祭司修道院生 壱天王修道司祭修道院生 

だんじりに乗って太鼓や鉦、笛を鳴らす「鳴物」


<銀河祭司>エルアザル・ディバイン 副祭司修道院生 四天王祭司修道院生 参天王祭司修道院生 弐天王祭司修道院生 壱天王祭司修道院生 

銀河宮大工(みやだいく)は、神社仏閣の建築や補修に携わる大工。


<銀河修士>エリザベート・ディバイン 副修士修道院生 四天王修士修道院生 参天王修士修道院生 弐天王修士修道院生 壱天王修士修道院生    

各種サポートを行ったりする。



<銀河大祭司修道院生生徒会長>レビ・ディヴァイン  <銀河四天王大祭司修道院生生徒会長>レビ・ディヴァイン <銀河参天王大祭司修道院生生徒会長>レビ・ディヴァイン <銀河弐天王大祭司修道院生生徒会長>レビ・ディヴァイン <銀河壱天王祭司修道院生生徒会長>レビ・ディヴァイン 

「神の目」を持つ。銀河神風町会長 だんじりの運営最高責任者 

<銀河教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河副教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河四天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河参天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河弐天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河壱天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン 

だんじりの最上部で団扇を持ち舞いを舞う


<銀河修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河副修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河四天王修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河参天王修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河弐天王祭司修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河壱天王修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン 

だんじりに乗って太鼓や鉦、笛を鳴らす「鳴物」


<銀河祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河副祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河四天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河参天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河弐天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河壱天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン 

銀河宮大工(みやだいく)は、神社仏閣の建築や補修に携わる大工。


<銀河修士修道院生>エリザベート・ディバイン <銀河副修士修道院生>エリザベート・ディバイン <銀河四天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン <銀河参天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン <銀河弐天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン <銀河壱天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン


1回生 皇帝神 <武具>ホイッスル 注意・警告などを目的に気体の流れを利用して音響を発生させる装置

鉦鼓(しょうこ)とは、雅楽で使われる打楽器の一つ。仏教で使用される場合は鉦(かね・しょう) 

ディヴァインドリルブレイカ- 神風教皇レビ 

初代神風戦国天下無双一天王武将(<遠征武将⑤進級③化身神風法王レビ・ゴッドブレス>) 弐代目神風戦国天下無双一天王武将(<遠征武将⑤進級③化身神風モーセ・ゴッドブレス>) 参代目神風戦国天下無双一天王武将(<遠征武将⑤進級③化身神風アロン・ゴッドブレス>) 四代目神風戦国天下無双一天王武将(<遠征武将⑤進級③化身神風ミリアム・ゴッドブレス>) 五代目神風戦国天下無双一天王武将(<遠征武将⑤進級③化身神風エルアザル・ゴッドブレス>) 六代目神風戦国天下無双一天王武将(<遠征武将⑤進級③化身神風エリザベート・ゴッドブレス>)


感染実態例は、「低病原性」と「 高病原性」で、「一番身近、且つ危険視される病原体」。





<銀河壱天王祭司修道院生生徒会委員長>レビ・ディヴァイン <銀河壱天王祭司修道院生生徒会長>モーセ・ディヴァイン <銀河壱天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河壱天王修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河壱天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河壱天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン

「神の目」を持つ。銀河神風町会長 だんじりの運営最高責任者 

<銀河弐天王大祭司修道院生生徒会委員長>レビ・ディヴァイン <銀河弐天王大祭司修道院生生徒会長>モーセ・ディヴァイン <銀河弐天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河弐天王祭司修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河弐天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河弐天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン

だんじりの最上部で団扇を持ち舞いを舞う


<銀河参天王大祭司修道院生生徒会委員長>レビ・ディヴァイン <銀河参天王大祭司修道院生生徒会長>モーセ・ディヴァイン <銀河参天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河参天王修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河参天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河参天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン

だんじりに乗って太鼓や鉦、笛を鳴らす「鳴物」


<銀河四天王大祭司修道院生生徒会委員長>レビ・ディヴァイン <銀河四天王大祭司修道院生生徒会長>モーセ・ディヴァイン <銀河四天王教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河四天王修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河四天王祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河四天王修士修道院生>エリザベート・ディバイン

銀河宮大工(みやだいく)は、神社仏閣の建築や補修に携わる大工。


<銀河副大祭司修道院生生徒会委員長>レビ・ディヴァイン <銀河副大祭司修道院生生徒会長>モーセ・ディヴァイン <銀河副教区司祭修道院生>アロン・ディバイン <銀河副修道司祭修道院生>ミリアム・ディバイン <銀河副祭司修道院生>エルアザル・ディバイン <銀河副修士修道院生>エリザベート・ディバイン







 の神風力 

ソーリャー節音頭結界  ギャラクシーパレード 

伝説のレビ人

銀河だんじり小屋  銀河大司祭 銀河大祭司(だいさいし) 銀河祭司階級の首長である。

<銀河レビ族階級>銀河レビ族は、「銀河祭司階級の聖職者部族」です。

銀河大祭司モーセ(銀河レビ族指導者) 

銀河教区司祭アロン(銀河祭司の祖先) 

銀河修道司祭ミリアム(神を賛美する歌を歌える小太鼓奏者) 

銀河祭司エルアザル 

銀河修士エリザベート

銀河大祭司モーセ(銀河レビ族指導者) 伝説のレビ族大祭司

「神の目」を持つ。
「神の箱(契約の箱)」は、十戒が刻まれた石板を収めた箱
預言者(よげんしゃ)は、神と接触し、直に聞いた神の言葉を人々に伝え広める(とされる)者のこと。
唯一神との契約を重んじる「原初の預言者」

銀河祭司階級は、大祭司、祭司、レビ人 

銀河教区司祭(きょうくしさい)とは、司祭の総称。

銀河修道司祭(しゅうどうしさい)とは、修道士かつ司祭である者

銀河修道士は、修道誓願を行い、禁欲的な修道生活を送る人々のことである。

銀河修道院は、修道生活をするための施設。

いくつかの修道院の集まった修道院群のことを、大修道院と呼ぶ。

銀河聖職者(せいしょくしゃ)とは、宗教上の聖職に就いている人


地車は、日本の祭礼に奉納される山車(だし)のこと。 灯入れ曳行(えいこう) 

だんじり祭は、町会の連合組織で運営されている。その組織の中の、青年団・組のとりまとめ役も若頭と呼ばれる。曳行中はだんじりの前後につき、事故防止等に努める。また、旧市祭礼22町の若頭から選抜されたメンバーによって岸和田市連合若頭連絡協議会(略して「若連」)を結成し、祭の警備を行う。

囃子を奏でる大小の和太鼓と鉦が備えられ、そこに篠笛が加わる。欅には女神が宿る

「町会」と呼ばれる組織がだんじりを所有し、曳行を行う。

世話人 - 祭りの運営を行う。

<銀河町会連合組織>

世話人 

若頭 

組 

大工方 
だんじりの最上部で団扇を持ち舞いを舞う

青年団 
だんじりに乗って太鼓や鉦、笛を鳴らす「鳴物」

少年団

婦人会 - 各種サポートを行ったりする。

「曳行責任者」を選出し、町会長は全体の責任者たる「総括責任者」となる。「曳行責任者」は現場の最高責任者として「総括責任者」(町会長)とともに、2日間のだんじり曳行の重責を担う。

地車は、彫刻が組み込まれ、刺繍幕や金の綱、提灯やぼんぼり、旗・幟などの装飾が施されている。主に欅(ケヤキ)を用いて造られており、コマには松が用いられる。

宮大工(みやだいく)は、神社仏閣の建築や補修に携わる大工。

曳行は、引っ張って行くこと。

もくじ  3kaku_s_L.png 提供専用ネタ集
もくじ  3kaku_s_L.png オークション
もくじ  3kaku_s_L.png 飲食店情報
もくじ  3kaku_s_L.png 給食の時間
もくじ  3kaku_s_L.png 健康店情報
もくじ  3kaku_s_L.png 化粧品店情報
もくじ  3kaku_s_L.png アパレル店情報
もくじ  3kaku_s_L.png 時計店情報
もくじ  3kaku_s_L.png ~DVD編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~CD編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~ゲーム編~
もくじ  3kaku_s_L.png WII
もくじ  3kaku_s_L.png GC
もくじ  3kaku_s_L.png SP
もくじ  3kaku_s_L.png DS
もくじ  3kaku_s_L.png PS3
もくじ  3kaku_s_L.png PS2
もくじ  3kaku_s_L.png PSP
もくじ  3kaku_s_L.png X-BOX
もくじ  3kaku_s_L.png ~趣味編~
もくじ  3kaku_s_L.png 遊戯王
もくじ  3kaku_s_L.png ~楽器編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~エレキ編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~ライフ編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~ハウス編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~美容編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~旅行編~
もくじ  3kaku_s_L.png 一押しアイテム
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 相互リンク一覧
もくじ  3kaku_s_L.png ランキング
もくじ  3kaku_s_L.png 携帯サイト1
もくじ  3kaku_s_L.png 携帯サイト2
もくじ  3kaku_s_L.png オーラ関連
もくじ  3kaku_s_L.png ~観戦編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~危機一髪編~
  • 【オーラ・レボリューション~神風幕府~-~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート②-】へ
  • 【オーラ・レボリューション~神風幕府~-~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート④-】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【オーラ・レボリューション~神風幕府~-~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート②-】へ
  • 【オーラ・レボリューション~神風幕府~-~真正インフルエンザウイルス~の絶対的感染ルート④-】へ