月間映画台本小説~概要~

「2,015年後①日<オラ・レボ>通信」活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「第⑯(最終)中継未来予想図」

 ←愛は、フィクションを超える →「2,015年<オラ・レボ> 通信⑨月号」 活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「全第四拾+(最終回SP)中継」

「映画台本小説の更新条件事情」は、「冒頭部分の形容詞」として、「年間、月間」表記していますが、「創刊の意味」じゃなく、「その期間」に「公開可能な作品の有無次第」なので、訪問者は、「更新事情自体」にも、「何処まで継続するのか?」を見届けられる需要です。


「WEB書籍作品作りの動機」は、「プロジェクトの総称である映画台本小説」を「手掛けられる場所として、最適だったから」で、「②種類の企画」が、「以下の②通り」です。


① 「年間映画台本小説(ドリス)の場合」は、「作品化可能なレベルの夢を見た事」で、「そのネタ元」として。


② 「月間映画台本小説(オラ・レボ)の場合」が、「地球防衛を考慮した時」に「自身の閃きによるネタ元」から「作品を通しての表現」です。


それでは、「今回のプレゼン企画である月間映画台本小説(オラ・レボ)」における更新情報」をお届けして行きます。



「<オラ・レボ>制作の明確な方向性、且つ著者が、一番表現しようとしている事柄」事情について。

「<オラ・レボ>制作仕様」は、「図れる事柄をネタ元」に「私の無限大哲学による閃き」なので、「敢えて」、直ぐにネタ切れしそうな寄り難関な方向性によるストーリ-性を御堪能頂けます。

「<オラ・レボ>制作の定期更新日カウントダウン仕様」事情について。

毎月①日に更新している「未来予想図の冒頭部分」ですが、「更新した月も含めた記述形式」なので、「後②ケ月の場合」は、次で、「最終回」を意味します。

つまり、「後①ケ月の記述形式」は、「最終回の記述形式」とイコールです。


~カウントダウンストーリー~

「オラ・レボ」は、「①作品⑮ヶ月間の映画台本小説放映期間」なので、「現在展開中の作品(活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-)」は、「2,014年⑥月から始めています」ので、「2,015年⑨月まで」に成ります。

又、物語自体は、「「終焉、継続」かの見極め」を「あと①日」御堪能頂けます。


そして、「活火山編<オラ・レボ>~黒太陽~-蠢くマグマ-の最終回後における未来予想」事情は、「最終回自体」を強い印象に残しますが、「其れ以上の印象を残す様なネタ」として、「此れまで以上に強いボスの存在説」や「其れによる味方側の更なる無限大力更新予想論」や「現状の目的達成後における未来予想思考」を「少しでも、抱いて置く事」により、「貴方」は、「このネタ」を把握出来ています。


それでは、「あと残り①日しか有りません」が、共に「このひと時」を楽しんで参りましょう。


そ れから、「オラ・レボ」は、「無限大の未来へ突き進んでいます」ので、「再放送皆無な事情」により、「②度目以降の同じ<オラ・レボ>作品進行具合」は、 「各々の事情次第」ですので、「一度目しかない新ネタの鮮度」を御堪能頂けます。


~前説~

「この項目」は、「此れまでの現物語」を「総括形式」で、御知らせして行きます。

「銀河巨匠システム適応者」は、「黒太陽宇宙船の悪影響」で、「調子付いた冥界の輩共」から「世界防衛目的の任務」に至っており、「主人公のニギンス」は、現状「ローレク大陸の北島シャッピ島防衛任務」をこなしている最中だ。

又、 「シャッピ島」は、「ピザ形」で、現状「③ヶ所の一角」を攻略し終えたが、「まだ氷山の一角」に過ぎず、「中央の中枢」へ行く為に、「全島攻略する必要 性」を把握し、現状「④島目一角の攻略達成間近」で、「こちらに良い流れ」だが、「中央の中枢」へ近付いているので、「武者震いの心境」だ。

それでは、「2,015年⑨月最初の更新情報」を展開して行きます。


~著者~

ニギ・キラス


どうも、こちらに訪れた方を「<オラ・レボ>ワールド」へ導いていますので、「<オラ・レボ>旅人」として、「何時でも」御越し下され。

私は、「作品力」で、書籍活動をしており、「2,014年」から本格的な形を取り続け、「⑥月」から「②作目の<オラ・レボ>」を始めてますので、「更なる無限大力」を御堪能下され。

本格的な形は、前作よりスケールアップし、現状「毎月①日に入る予定の「未来予想告」を「最新作」に繋げた結果」に成っていますが、「②作目の<オラ・レボ>」では、「⑥本以上立て」を御送りして行きます。

又、「⑥本以上立て」仕様は、「未来予想告限定」も「無限大のスケール」に達し、作品化可能なレベルに成っていますので、御堪能下され。


「書籍版MMO」は、「<オラ・レボ>の文字映画プロジェクトプレイスタイル」です。

つまり、文字映画プロジェクトは、「文字映画台本小説のプレイスタイル」ですが、「書籍版MMO」は、「<オラ・レボ>限定」を意味しています。

それから、MMOは、「MMORPG(Massively Multiplayer Online Role-Playing
Game)の意味」で、「マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム」と読みます。

又、世間一般では、「オンラインゲーム」として有名です。

それから、自分自身も体験済みですが、やはり「操作性」は、「個人の才能」ですので、続かない方も多い現状です。

つまり、結局「誰」でも、「自然に長く続けられる事柄を第一」としていますが、「なかなか至っていない現状」ですよね?

しかし、今回こちらが、手掛けている企画は、「何方」でも「最高のMMO」を味わえるスタンスです。

「MMOの共通システム」は、「自分のオリジナルキャラ」での進行に成りますが、ユーザーが、求めている主人公像に至っていない現状です。

しかし、「書籍版MMO」は、「理想的な主人公での進行」を御堪能頂けます。

ユーザーは、本来「大きな宣伝力を誇る印象的なキャラでの進行」を期待していますが、NPC扱いでの登場に成っていますよね?

その理由として、「同じキャラが、複数存在出来ないから」です。

つまり、「不自然さ回避」を意味しています。

しかし、「書籍版MMO」は、革命的なシステムで、実現しました。

つまり、ユーザーは、「大きな宣伝力を誇る印象的なキャラでの進行」を堪能出来る訳です。

書籍版MMOは、「読み進める主人公スタイル」です。

他 の「小説、MMO」との違いは、普通「著者の決めた主人公」を客観的に見るスタンスで、「ユーザー」が、勝手に「自分専用のキャラ」に出来ませんが、「書 籍版MMOの場合」は、「物語自体」を変更出来ないのは、当たり前ですが、「読む方専用の主人公」として、「物語」を進めます。

つまり、イメージは、「書籍版MMO」を読もうとするスタンスじゃなく、「プレイして今日は、「どれだけ読み進めるスタンス」」に成ります。

ですから、当然「最新作を待ち望まれる」でしょうが、「貴方のぺース」を続けて頂く訳です。

即ち、「読む行為」は、誰でも出来ますから「プレイスタイル、操作レベル」を気にしなくて済みますよね?

又、「利用のタイミング」は、「遠征、旅」等の外出時に効果的です。

何故なら、「自分の平常心」を保てるからです。

しかし当然ながら、「今請け負っている任務に差し支えない様」御注意下さい。

それから、勿論、「暇潰し、休日」も御利用頂けます。

つまり、「メンテナンス時以外」は、何時でも御堪能頂いて大丈夫です。


「書籍版MMO専用モールショップ」は、「書籍版MMO専用仕入先店」です。

モールショップは、「MMO共通の換金制度式アイテムショップ」で、「書籍版MMO専用モールショップ」は、「それ」をイメージして、「2,014年⑫月③日開店」しますので、何時でもショッピングを御堪能下され。

又、需要は、当然ながら「文字映画台本小説自体」そうですが、「文字映画台本小説の新ネタ公開まで」こちらに旅する目的です。


「①F ネットスーパ-マーケット<韋駄天> 」、「②F 旅人の小屋<韋駄天>


それから、「文字映画プロジェクトの詳細」は、「~コンセプト~の項目」にて御確認可能です。


~今回の更新詳細~

「更新詳細の事情」は、「メイン記事」と「サブ記事」構成で、「③記事以内」です。

つまり、「客観性からの視点」は、「温度差懸念」を課題としますので、多過ぎる情報量を回避した「バランス重視記述方法」です。


① 「2,015年後①日<オラ・レボ>通信」活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「第⑯(最終)中継未来予想図」


② 「活火山編<オラ・レボ>~黒太陽~-蠢くマグマ-の最終回後における未来予想事情」について。(「~初めに~」冒頭部分。)


「~前説~の項目」は、「2,015年元日」にて、「試作も含め初展開」し、「2,015年<オラ・レボ>通信①月号」より、本格的に取り組む予定だった「正式な項目」です。


~注意事項について~

「コメント、読者登録」は、自由ですが、作品価値を下げる様な如何なる誤解を招く様な発言をせず、物語限定に溶け込んで貰えれば結構です。

つまり、私は、「独自のネタ元である<オーラ原液具現化スキル>に基づいて、作品作りしています」ので、「前例の無い」、「完全原初書籍作品」です。

ですから、「訪問者」は、「間違って」も、「私の作品作りに支障を来たさないで頂ける様」、御協力申し上げておきます。


「コメント認証合否」は、「保存状態」であれば、「認証」です。


「リアリゼーションの記述法」は、「英表記」で、「具現化」を意味します。

つまり、「上記の記述法」は、「実際に具現化出来る対象名の語尾付与形式」です。

又、「ゼーションの記述法」は、「英表記」で、「~化」を意味します。

つまり、「上記の記述法」は、「形容詞名限定の語尾付与形式」です。

それから、「エキスパートの記述法」は、「形容詞名限定表記法」で、且つ「この文字自体<~化>」を含んだ意味合いなので、「どちらも付与しない形式」です。


「移動機の使用に関する有り勝ちな疑問について指摘」は、「キャラ自身」も「万能な移動スキル」を扱えますが、「適材適所の役目」として、御理解下さい。


「任務地地形の有り勝ちな疑問について指摘」は、「各々の属性適応地だとして」も、「基本的に<陸、空、海>地形」を想定した仕様です。

又、当然ながら、「各々の属性値」は、「適応地の属性値プラス状態」に成ります。


「文字仕様の識別方法」は、「こちらの定義している文字仕様」と「元々形式的な文字仕様」構成です。


「活 火山編<オラ・レボ>~黒太陽~-蠢くマグマ-の放送回数」は、アルファベット記述回数を超越し、「更なる無限大の領域へ突入」し、「2,015年最初の 更新から」は、「Ⅰ~Ⅹ」の「物語カウント文字領域」を展開して行く予定で、もし「それ以上の際」は、「壱~無限」の「物語カウント文字領域」を展開して 行く事に成りますので、「2,015年の<オラ・レボ>事情」は、まず「Ⅰ~Ⅹ」の「物語カウント文字領域」を御堪能頂けます。


「物語カウント文字の「Ⅰ~Ⅹ」」は、自分自身もそうですが、「日本人目線向けの作品制作」なので、「英数字Ⅹ以降の馴染んでいない英数字」をカウントせず、「物語カウント文字の英数字表記」は、「Ⅹまでの仕様」です。


「物 語カウント文字の「壱~無限」(未知の数領域)」は、「「2,015年<オラ・レボ> 通信③月号」 活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「全第四中継」」以降実現するであろう、正に「無限の彼方」なので、「更なる可能性の満ちている未来」を「少しでも長 く」共に歩んで参りましょう。


「<オラ・ レボ>ワールド」では、「事故<普段>、事件<任務時限定>」の対応策による防衛手段構成です。

又、「事故<普段>の対応策」は、「普段の危機回避レベル以上緊急事態時」にも「任務扱い」へ移行します。

つまり、「事件<任務時限定>の対応策」が、「②通り(「元々」と「緊急事態時」)形式」を意味しています。

そして、「現在展開中作品の主役」は、「事故<普段>の対応策~ニギンス・マウンテン~」で、「事件<任務時限定>の対応策~ウィンビューズ・スピードマスター~」に成ります。


「銀河巨匠システム適応者の危機対応時状態」は、「事故<普段>オーラ・空型スペシャリストゼーションフォーム、事件<任務時限定>オーラ・空型スーパースペシャリストゼーションフォーム」です。

又、上記は、現状で、「③クラス構成(「空、陸、海」型)」に区別されます。

それから、「銀河巨匠システム習得まで」は、「事故<普段>オーラ・空型ジーニアスゼーションフォーム、事件<任務時限定>オーラ・空型ファイナルスーパージーニアスゼーションフォーム」でしたよね?

そして、「ステータス」は、オーラ・空型「スペシャリストゼーションフォーム、ファイナルスーパージーニアスゼーションフォーム」状態を五分とし、「オーラ・空型スーパースペシャリストゼーションフォーム」状態が、「その⑩倍」です。

即ち、任務編は、「最低限の知識」として、上記を把握出来ていれば、堪能出来ます。


「危機感の深さ」は、作品を堪能する上で、「最」も肝心なポイントです。

何故なら、「その事態」が、深刻であればあるほど「作品力」を証明するからです。

つまり、「信じられない現実」なので、「一般人」は、「現実離れしてしまいがち思考」を御注意下さい。

又、 「オラ・レボ」は、「無限大の哲学」を表現していますので、当然ながら「この世界観限定」で、御堪能頂きますが、「登場キャラの能力値」が、「非常に高 い」ので、「其れだけ」大規模な事態を意味しており、「それ」を「攻略して行く物語」なので、まず「極めて危機な対象の恐怖」を感じておけば、「<オラ・ レボ>ワールド」に溶け込めます。


「未来予想告の表示形式」は、「単話ずつの場合」と「複数①括り話ずつの場合」に分かれ、 「単話限定の表示形式」と「複数①括り(単話分の個別、総括)の表示 形式」に成り、「活火山編の③話目から」は、「総括表示形式」で、公開して行くのですが、理由として、「複数①括り話ずつの②通り」を証明した事です。


「<オラ・レボ>キャラの正当防衛システム概要」は、「万能リフレクションスキル」で、「全対象」からの危機を「威嚇防衛」により回避し、「警告無視全対象」へ「こちらからも威嚇防衛」を行い、「それでも」退かない対象を撃退する仕様です。


「任務の把握懸念」に関して、「正義の活動」を疑問に感じる思考を注意すべきですね。

つまり、「二ギンス達」は、現在「正当な防衛」で、危機元を撃退しているので、「激しい場面」を公開しています。

即ち、「今回の事態」が、「星全体の問題」を意味しており、我々からすれば「地球防衛」なので、「防衛行為」を理解出来る方は、これからも「<オラ・レボ>ワールド」に御越し頂き、共に楽しんで参りましょう。


「現在の作品メインタイトル」は、「~黒太陽~」ですが、現状「二ギンス達」は、「地界任務」をこなしているので、「違和感把握」してしまいがちだが、「原因」が、「~黒太陽~」で、「物事の攻略法」として、「各々の役割分担」を意味しています。


「ガリバーン」は、「<オーラ・空型スペシャリストゼーションフォーム>状態時装備の一種」ですが、「ガリ」であり、「カリバーン」じゃないので、間違い易い解釈をしない様「十二分」に御注意下され。


「初回の放送時」は、「初回限定特典」により、無料です。


「放送期間提示」は、「概要」で、表記していますが、「期間提示」したとしても「その作品」を示唆しているだけで、「物語自体の落ち」と無関係ですよね?

つまり、「如何成って行くか」を確定していませんので、「ネタバレ」にも成りませんので、「十二分」に御注意下され。


「最新作の更新日」について。

「<オラ・レボ>」は、現在「②作目」を御送りしていますが、「回線状況、単作品毎の総本数」次第です。


まず「システム詳細」です。


~コンセプト~


「文字映画プロジェクト」


「文字映画プロジェクト」は、「文字だけ表記」し、黙読する事により、「誰でも主役」に成れるので、「飽きの来ない書籍映画企画」です。

「誰でも主役」は、「決まった声」じゃなく「読んでいる方の声」を意味します。

つまり、「声優表記」は、「読み手表記(声優も「①人に過ぎない」意味合いです。)」に成り、各々が、「読み動かす主人公キャラ」に成ります。

又、「オーラ・レボリューション」は、通称「<オラ・レボ>」で、書籍ジャンルとして、「ファンタジー」に属します。


~制作関連~

「文字映画プロジェクトの制作元」は、「ピック天Z城~映画台本小説劇場~ 」です。

「文字映画プロジェクトの公開場」は、「ヤタイ劇場名作好き仙人の小屋 」です。

「<オラ・レボ>のネタ」は、「無限大の哲学」です。

「無限大の哲学」は、物事を「スケール違い」だけで、全て「原因と結果」構成されている事実です。

「物事の判断」は、「各々の世界に定められた法律」に成り、「正解」を出さなければ成らないので、「定められている事柄」を記せば良いですが、真意に沿っていない部分を「<オラ・レボ>ワールド」だけで御堪能下され。

作品力は、「起爆剤に成る様なネタ」が、必要不可欠で、「オーラ・レボリューション」を正に「革命」を起こすネタとして、「無限大」を描いており、「日本の作品力」で、「脳の活性化させ続ける目的」により、「日本の巨匠力」を「輝き続けさせる結果」に成ります。

~読む注意点~

「把握合わせ」は、「現状「休火山編<オラ・レボ>~黒太陽~-大雪山-」完結まで」です。

つまり、最新は、「①つの作品」を終えてからに成ります。

何故なら、把握は、単話毎で、成立出来ませんよね?

ですから、現状「物語の途中」ですので、「如何なる」かを「予想」出来ても「把握」出来無いからです。


「シリーズ化形式」

表記方法は、当然「単作品」と異なる形式に成ります。

まず「総タイトル形式」は、「区別形式表記」に成ります。

何故なら、「単作品限定時」は、「全体と個々」も「同じ物を指す」からです。

それから、「物語カウント文字」は、リセットして「~第①中継~」に成ります。

何故なら、物語自体は、続編ですが、「区別形式表記」に沿った結果に成るからです。

又、カウント数が、増え過ぎによる「カウント文字埋もれ」を防ぐ為でも有ります。

ですから、「物語カウント文字」は、まず「①~⑳」、「A~Z」、「Ⅰ~Ⅹ」、「壱~無限」に成ります。

何故なら、「丸囲み形式」が、「⑳まで」に成っているからです。

又、数字表記方は、物語中でも「①~⑳」形式です。

「オーラ大革命」

現状は、「オーラ⑪大革命」ですが、増えていく未来予想です。

「初見者」と「途中から読み」の方は、「間違った把握をしない様様に「最初から」何時でも始められます。

「読み方」は、「黙想、黙読」等 指示 (ストーリーを「一括した状態」で、「次の指示まで」継続し、「カッコの無い部分」を「会話」とします。)

「物語のカウント方」 は、「<オラ・レボ>ワールド」から「この世界」に中継形式です。(例は、「-第①中継-」に成ります。)

「未来予想告」 は、「<オラ・レボ>ワールドの次回予想」で、「現在進行形式」を意味しています。(つまり、次回を「確信」している不自然さ回避に成ります。)

「無限大の表現力」

「オリジナルネタのアイデア力(ネタ数)」

「他作品との違い力」

オリジナル作品は、当然他に無い物で、よく有る形式として、「形体を維持して部分的なオリジナル作品」に成っています。

つまり、「私の作品」は、「土台からオリジナル作品作り」をしています。

そして、只今上映中の「オーラ・レボリューション~黒太陽~」は、「銀河巨匠システム」を作動させています。

「銀河巨匠システム」は、ニギンス達適応者の「オーラ原液具現化スキル」です。

「オーラ原液具現化スキル」は、当然「政府の許可を取った上での治安維持活動」を目的としています。

そして、原因は、「シナリオスパイラル」を検証しています。

「シナリオスパイラル」は、正に「法律に結び付かず」、その上で、様々な結論へ導かれますが、「実は」最初から「シナリオ通りだった驚愕の真実」です。

つまり、「当然」誰にも把握出来る事じゃ無い事に成ります。

しかし、疑問点として、各々が、決めた事実に成るかもしれませんが、「それも」シナリオ通りだったとすれば、正に「驚愕の真実」ですよね?

ですから、「一つの例」として、「私」が、書籍活動している事も「シナリオ通り」に成ります。

又、「<オラ・レボ>ワールド」に訪れた危機元も対象に成ります。

そして、「この点」は、これから「<オラ・レボ>旅」を進行していく際に「把握する基準」に成りますよね?

何故なら、「今回」は、「度の様なシナリオスパイラルなのか」に成るからです。

「専門用語」は、多数だが、更新まで「約一ヶ月」有りますので、「飛ばし読み」や「早読み」に注意し、「ストーリーの流れ」を把握していれば問題無いです。

「ストーリーの見方」は、まず「未来予想告(当然「-第②中継-」からに成ります。)」そして、「次の中継」です。


今回は、「「2,015年後①日<オラ・レボ>通信」活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「第⑯(最終)中継未来予想図」」を御送りしています。


「⑥本以上立て放送本数の仕様」

「活 火山編<オラ・レボ>~黒太陽~-蠢くマグマ-」では、放送本数を「⑥本以上立て」として、御送りして行きますので、御覧中ブログにおける「~今回の更新 詳細~、最新作一本目の未来予想告」と「リンク先一本目の内容」が、同じに成り、「それ以外」は、「続けて読む事」に成るので、「一本前のネタ」が、「未 来予想告代わり」を把握出来ますよね?

タイトル表示方は、一度に「複数話」を御送りしていますので、「先落ち、ネタバレ」防止策として、総括形式です。

つまり、「⑥本以上立ての場合」は、「全⑥中継」を語尾に付与した形に成りますよね?

ですから、「数字の部分」は、「最終回まで毎回更新して行く事」に成ります。

注意すべき点は、「先に全て公開してしまう事」で、「次のタイトル」が、見えてしまっている事に成りますよね?

つ まり、「⑤タイトル」が、「⑥本以上立ての場合」ですと、「それ」に当て嵌まりますから「先に落ちを表記してしまう自滅」や「読者によるネタバレ」行為を して しまえば、既に「答えの出てる物」を無駄に見せてる事に成り、作品価値として、悪影響ですし、法に触れる程じゃないけど、余は、「自分の作品」を腐らせな いのですよ。

ですから、リンク先で、堪能し、「次の未来予想告」と照らし合わせて把握し、間違った解釈しない様に「<オラ・レボ>ワールド」を旅して下され。


「作品力低迷懸念」

作品力は、近年低迷化しており、経済面を理由にして、解決策を見出されない現状だ。

私は、日々作品作りをしていますが、やはり「一回分の更新力」を感じていますね。

しかし、読者は、「落ち探しだけ」を見ようとしてしまいがちな為、「早読み」や「飛ばし読み」により、自分自身で、作品価値を下げてしまっている現状です。

ですから、私は、「作品最新記事公開期間」を「約一ヶ月」設けていますので、「焦らず」、又「熟読し終わった後」に「照らし合わせ読み」を継続する事で、これからも「<オラ・レボ>ワールド」を「何時でも」旅して下され。

システム詳細は、「上記の最低限形式」とこちら 完成形式」構成です。


~未来予想告~

「2,015 年<オラ・レボ> 通信⑧月号」 活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「全第参拾四中継」は、「第弐拾九中継」から始まり、「オーラ・<ウィンビューズ・チャントパワーマス ター>」氏 が、現状「ローレク大陸北島 シャッピ島防衛任務④島目一角編最初の敵集団であった、美豹クロスボウ堕天使ミムズ冥皇一味中美豹クロスボウ堕天使ミムズ冥皇」を「第弐拾九中継前半」にて、 「ランアクション攻略対処」で、成果を挙げた。そして、「第弐拾九中継後半」から、「ローレク大陸北島 シャッピ島防衛任務④島目一角編③番目の敵集団である美豹ライフル堕天使ミムズ冥皇一味」が、「地球の防衛行為」を妨げに来た。しかし、「オーラ・<ウィンビューズ・パイオニアフォースマスター>」氏による対処で、「第参拾壱中継」にて、攻略し終え、成果を挙げた。そして、「第参拾弐中継」から、「ローレク大陸北島 シャッピ島防衛任務④島目一角編②番目の敵集団であった、美豹マグナム堕天使ミムズ冥皇一味」を「ランアクション 攻略対処」で、「第参拾四中継前半」にて、攻略し終え、成果を挙げた。そして、「第参拾四中継後半」から、「ローレク大陸北島 シャッピ島防衛任務④島目一角編④番目の敵集団である美豹キャノン堕天使ミムズ冥皇一味」が、「地球の防衛行為」を妨げに来た。しかし、「オーラ・<ウィンビューズ・アバンダンフォースマスター>」氏による対処で、まず「美豹キャノン堕天使ミムズ一冥王」を対処する所で、「「2,015年<オラ・レボ> 通信⑨月号」 活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「全第四拾+(最終回SP)中継」」は、「劇的な展開」を予想出来、「美豹キャノン堕天使ミムズ冥皇一味攻略劇」だけではなく、「全島の最終目的地である中央島中枢へ、向かう事も、想定可能」なので、「愈々」、「現状におけるラスボスとの初接触」を意味するので、「事実上の最終回」に成るだろうから、「初任務の終焉論」か「初任務における更なる深み説」への緊張感を隠し切れない心境だ。


~前作まで~


活火山編<オラ・レボ>~黒太陽~-蠢くマグマ-「全第参拾四中継」

休火山編<オラ・レボ>~黒太陽~-大雪山-


~最新作発売日~

毎月②~⑩日(⑱時~21時頃)




もくじ  3kaku_s_L.png 提供専用ネタ集
もくじ  3kaku_s_L.png オークション
もくじ  3kaku_s_L.png 飲食店情報
もくじ  3kaku_s_L.png 給食の時間
もくじ  3kaku_s_L.png 健康店情報
もくじ  3kaku_s_L.png 化粧品店情報
もくじ  3kaku_s_L.png アパレル店情報
もくじ  3kaku_s_L.png 時計店情報
もくじ  3kaku_s_L.png ~DVD編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~CD編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~ゲーム編~
もくじ  3kaku_s_L.png WII
もくじ  3kaku_s_L.png GC
もくじ  3kaku_s_L.png SP
もくじ  3kaku_s_L.png DS
もくじ  3kaku_s_L.png PS3
もくじ  3kaku_s_L.png PS2
もくじ  3kaku_s_L.png PSP
もくじ  3kaku_s_L.png X-BOX
もくじ  3kaku_s_L.png ~趣味編~
もくじ  3kaku_s_L.png 遊戯王
もくじ  3kaku_s_L.png ~楽器編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~エレキ編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~ライフ編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~ハウス編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~美容編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~旅行編~
もくじ  3kaku_s_L.png 一押しアイテム
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 相互リンク一覧
もくじ  3kaku_s_L.png ランキング
もくじ  3kaku_s_L.png 携帯サイト1
もくじ  3kaku_s_L.png 携帯サイト2
もくじ  3kaku_s_L.png オーラ関連
もくじ  3kaku_s_L.png ~観戦編~
もくじ  3kaku_s_L.png ~危機一髪編~
  • 【愛は、フィクションを超える】へ
  • 【「2,015年<オラ・レボ> 通信⑨月号」 活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「全第四拾+(最終回SP)中継」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛は、フィクションを超える】へ
  • 【「2,015年<オラ・レボ> 通信⑨月号」 活火山編~黒太陽~-蠢くマグマ-「全第四拾+(最終回SP)中継」】へ